【土佐町チャレンジショップ】歴代チャレンジャーの店舗紹介

■フランス洋菓子工房「ル・プチ・グーテ」

第1期卒業生 尾崎 美穂さん

チャレンジショップ時代:cuddle café主催(2017年12月~2018年12月)

現在、土佐町にてフランス洋菓子工房「ル・プチ・グーテ」主催。本格フランス洋菓子を地元土佐町の方々にも楽しんでもらいたいとの思いで工房をオープンしました。工房での販売は不定期なので事前に確認が必要です。

工房・直産市での販売(不定期)の他、バースデーケーキ等予約販売は随時受付中(2週間前までに要予約)。さめうらカヌーテラスのカフェではいつでもル・プチ・グーテのおいしいスコーンが食べられます。

ル・プチ・グーテ | Facebook

店舗地図

連絡先メールアドレス:lepetitgouter2019@gmail.com

 

■麺処 monk

第2期卒業生  南  一人さん

チャレンジショップ時代:カフェ&ラーメンMONK主催(2019年9月~2020年12月)

2021年8月~四万十市にて「麺処 monk」をオープン。大川村道の駅でのラーメン開発期、土佐町チャレンジショップでのラーメン開発期の上に、四万十の要素も加わった、monk南さんの高知ラーメンここにあり。足をのばしてでも食べに行きたい一品です。曜日によってメニューが違うので、事前に要チェック。

テレビ放送( 2021年10月21日テレビ高知:からふるにて店舗紹介)

Monk ラーメン&カフェ | Facebook

Instagram

店舗地図

連絡先:0880-34-8165 (月・火 定休日)

 

Reihoku sweets and foods “103cafe”(土佐町チャレンジショップICO)


第3期チャレンジャー  菊池勇介さん、菊池加奈子さん

2021年7月~現在、土佐町チャレンジショップICOにて「103cafe」主催。れいほくの食材を愉しみ尽くすスイーツメニューを開発。れいほく八菜、大豊町銀ぶろう、土佐町桂月の酒粕、本山町の桜の塩漬け、香り米、しょうが、山椒、柚子、文旦…特産品から土佐町では当たり前になってしまっている食材まで、スイーツに変身させてしまうのが103cafeの技です。さめうらカヌーテラスのカフェでは103cafeさんのチーズケーキが食べられます。

*チーズケーキはさめうらカヌーテラス限定商品のため、店舗では販売していないのでご注意下さい。

テレビ放送( 2021年8月30日テレビ高知:からふるにて店舗紹介)

広報とさちょう(2021年9月号にて紹介記事掲載)

103Cafe | Facebook

103cafe HP

店舗地図

連絡先:0887-72-9663 (月・火 定休日)