林業×お茶栽培×花火師…移住者ふたり、複数のなりわいを持つ暮らしが豊かすぎる!


2017年3月29日

【この記事は田舎ラボの事業の一環で行ったもので、嶺北での暮らしや移住に興味を持つ若者が、地域での仕事やナリワイに焦点をあてて書いた記事になります】

こんにちは、のっさん(@nosaka_muscle)です。
 
地域に詳しい皆さんならどこかしらで聞いたことがあるでしょう、地域おこし協力隊
 
嶺北地域にはその地域おこし協力隊の縁で実際にこの地に移住してきた方がたくさんいらっしゃいます。
 
今回は、協力隊での活動がきっかけとなり、ふたりで暮らしていらっしゃる北出聖佳さんと川端俊雄さんに、お話を聞いてきました。
 
おうちまで突撃させていただき、リアルな暮らしの様子を見せていただきましたよー!
リアルな暮らしってこんなの!

山のふもとから坂を上ること車で40分以上。

慣れない山道をふらふらと運転してたどり着いたのが、お二人のおうちです。

颯爽と出迎えてくれたのは、愛犬のリンちゃん。私がついてから、ずっと走り回っています。

それもそのはず。ぐるぐる走り回っても大丈夫なくらい敷地が広いのです。

なんと聞くところによると、裏手の山の一角も敷地なんだとか…!

移住して数年でこんな条件で住めるなんて!(うらやましい!)

 

さて、そんな敷地に立つおうちは、広々とした古民家。

早速お邪魔させていただくと、おしゃれなフローリングの床に、木の家具が並んでいます。

めっちゃ素敵ですよね!

これ、なんと床の張替から家具の製作まで、川端俊雄さんが全てご自分でされたそうです。

川端さんは現在林業をメインに行っておられますが、耐震改修工事業務ラフティングのガイド、夏場にはなんと花火の打ち上げ師をもこなされるのだとか。

花火?花火って夏に打ち上げるあの花火?

え、すごすぎません?

 

とまあ幅広くいろんなことをされているのですが、おうちでも様々なことをされています。

広い土地を利用して、鶏を飼っていたり▼

▼お茶を栽培していたり…

さらには野菜作りや、田んぼで米つくりも行っています。

裏手の山には狩猟のワナを仕掛けており、鹿を獲ることもしばしばなんだとか。

また、お茶の栽培に関しては特殊な加工を行い製品化することも考えていたりと、ネタは尽きないご様子。

これら野菜作りやお茶の栽培、狩猟は北出聖佳さんが積極的に行っておられ、狩猟の免許も取得されたそうです。

いやー、おふたりで一体いくつのことをやっていらっしゃるのか、数え切れません!

 

取材中にも、スキマ時間に何やら作業をされていました。

▼おもむろに裏の山で薪を集め始める川端さん。

一体何のために集めているのかというと…

なんとこれ薪風呂用に薪をあつめているのです!

壊れた薪風呂を修理して薪風呂が使えるようになったので毎日のお風呂は薪風呂なんですって!

仕事から食、生活まで、自分たちで作り上げているんですね。

…なんだかめちゃくちゃ豊かです!!

自分のやりたいを最大限に実現する移住を。

テキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみテキストのみ

そんな暮らしをいとなむお二人。
一体どんな経緯で移住に至ったのかを聞いてみました。
 
 
まずは、もともと林業をしたいという思いを抱いていた川端さん。
大阪のご出身で、移住前は林業は全くの未経験。
そこで地域に入り込みながら技術を習得できる「地域おこし協力隊」を探すことに。
しかし林業での募集は全国的にも少なく、なんとか本山町の協力隊を見つけて林業に関わり始めたのだとか。
実は過去に車で旅行をしていた際に本山町に宿泊したことがあり、そのときに地元の方のやさしさに触れた経験があったので、ここならと移住を決めたそうです。
そうして移住して、現在は4年目。
自分の裁量で林業を営むシステムを構築しつつ、さまざまなナリワイを営んでおられます。
 
一方の北出さんは、滋賀県出身。京都の大学を卒業後、ワーキングホリデーなどの制度を利用しながらカナダなどの海外でしばらく生活していました。
しかし自分の理想とする気候の土地を求め、帰国。
土に近い暮らしをしたいという思いを実現するために、各地の農家を訪ねながら、定住する土地を探していたと言います。
そんな中で、高知県で「いえづくり教習所」というプログラムに参加したことがきっかけで、川端さんと出会ったそうです。
そうして2016年4月から本山町の地域おこし協力隊に着任し、移住に至ります。
 
 お二人とも、自分のやりたいことを基準にどこで暮らすかを検討していって、嶺北にたどり着いたようですね。
自分の山で、自分で木を切り、自分の材で、家を建てる
移住して、理想的な暮らしを実現しているように見えるお二人。
しかし川端さんにはまだまだ夢があると言います。
それは、 いつか「自分の山で切った木を、自ら製材し、その材で家を建てる」こと。
林業の奥深さについては、学べば学ぶほど、どんどん発見があるのだとか。
 
そして北出さんも、そんな川端さんの夢に魅了されていると言います。
また取り組んでいるお茶栽培の事業ももっと拡大したいと先を見据えています。
 
ふたりで 夢を持ち、応援しあう在り方。
私にはそんな風に見えました。
「ナリワイが織り重なるような暮らし方」の豊かさ

お二人の暮らしを見ていると、都市での仕事観とは全く違う仕事観がここにはあることに気づかされます。

街では「ひとつの仕事を一所懸命に」というのが当たり前です。

だから仕事、といえば多くの人がわかりやすく一言で言い表すことができます。

 

しかし一方で。

お二人へのインタビューはすればするほど新しい仕事の話が出てきます。

ナリワイとなることをいくつも持っておくのがこっちの暮らし方だ、とお二人は自信をもって話します。

「すべてが人手不足だからこそ、自分が好きな仕事で食えるんだよ」と川端さん。

だからこそこれがやりたいと意思表示をすれば繋げてくれる人がいる。

「たしかに街から離れていて不便かもしれないけど、離れているからこそ良いものが残っているともいえるんです。」

 

林業に、お茶栽培に、花火まで。

街では考えられない組み合わせも、ここでは自在に取り組むことができる。

そんな「ナリワイが織り重なるようなくらし」の様子は、豊かさの違った形を見せてくれたようでした。


〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク