パリピ大学生が田舎で起業!?地方から若者の希望をつくり続ける男:矢野大地さん


2017年3月29日

【この記事は田舎ラボの事業の一環で行ったもので、嶺北での暮らしや移住に興味を持つ若者が、地域での仕事やナリワイに焦点をあてて書いた記事になります】

こんにちは、パリピがどうにも苦手です。のっさんです。

え?パリピってなに?って思った方、いませんか?大丈夫ですか?
もしいたら、ティーンエイジャーに馬鹿にされないよう、今のうちに知っておきましょう。
「パリピ」というのは、若者言葉・スラングの一種で、パーティーピープル(party people)の略なんです。
パーティーが好きすぎて頭の中までパーティーな人々のことです。
毎日飲み会をして騒いでいる大学生を思い浮かべていただければいいでしょう。
そんないわゆる「パリピ大学生」だった男が田舎で起業したという奇妙な話がここ嶺北にはまことしやかに伝えられています。
果たしてそんな人ほんとにいるのでしょうか。
今回はそんな噂の当事者である矢野大地さんにインタビューをしてきました。
 
「パリピ」だった大学生時代。東北で出会った活躍する同世代たちを見て考えが変わった。
ーー今日はよろしくお願いします!早速ですが、矢野さんは大学生時代「パリピ」だったって本当ですか?
本当だよ(笑)。毎日サークルと飲み会とバイトばかりしているような大学生だったなあ。
友達はたくさんできて、毎日ほんとに楽しかった。
でも大学3年生になって進路を考えるようになって、これでいいのかと迷い始めたんだよね。
小学生のころから先生になりたかったんだけど、このまま先生になってしまっていいのか、みたいな。
 
ーー長年の夢だった先生を考え直すきっかけってあったんですか?
ちょうど東日本大震災の支援に行く機会があって、そこでの経験がすごく大きくて。
そこには自分にできること、自分がやりたいと思うことを形にしている同年代の人がたくさんいた。
それを見て「就職しないといけないんだ」という前提を抜きにして、本当にやりたいことを考えたときに就職はないと思えたんだよね。
 
地域での活動の面白さ。広がる活動の範囲。
ーー就職しないとして、どんな活動をしていこうと思ってたんですか?
4年生から大学の先生の紹介で、八畝という地域の耕作放棄地の再生に関わっていて。
最終的にはシャクヤクの花を植えるためのクラウドファンディングを成功させたりしたよ。
そのときにただ労働力を提供するだけの支援じゃなくて、
インターネットを活用したり、若者ならではの視点を提供したり、人を呼んだりという
僕たちにしかできない支援の形があることを実感して、地域での活動の面白さに目覚めたのかな。
とはいえそうした地域での活動だけでは生計を立てれないので、卒業間近までどうすればいいのか悩んでいたよ(笑)
それで高知に移住していたブロガーのイケダハヤトさんにダメもとでアプローチしたらアシスタントとしてサポートしてもらえることになって。
やっと地域での活動を続ける基盤ができました。
それでそうやって活動するうちに活動の幅が広がっていって。
いろんな活動をやっていたので、それをまとめるためにNPO法人を立ち上げることになってできたのが代表を務める「ONEれいほく」だね。
 
起業するのはあくまで手段。矢野さんの起業観。
ーー起業するぞ!という起業の形ではないんですね。
そうだね、起業するぞ!という思いで起業するよりもむしろ、自分の既にやっていることをよりうまく回すために起業するのが良いと思っていて。
やってきたことをつなげていったら、事業になっていた、みたいな。
好きなことを仕事に、って要はそういうことだと思うんだよね。
結果的に広がった、というスタンスが大事なんじゃないかな。
そんな感じだから最近になってやっと経営者の意識が自分の中にも芽生えてきたかな、という感覚です。
 
ーーONEれいほくは具体的にはどんな事業をしているんですか?
最近の動きでいえば、「碁石茶親衛隊」というものがあって。
これは大豊町の伝統的なお茶「碁石茶」を衰退させないために短期雇用のアルバイトを親衛隊として雇って、
労働力をサポートする事業なんだけど、昨年はこの親衛隊に参加した10名のうち7名がその後地域に移住しました。
あとは、農業のインターンシップを企画・運営したり、地域の高校生向けの自己理解プログラムを組んで運営したりしているよ。
今年は初年度で行政関係の受託事業が多かったので、来年度は自己資本の事業を増やしたいと思っているね。
 
若者が希望を持てる社会を地方から!

ーー本当に様々なことをやっているんですね。統一したビジョンとかってあるんですか?

ONEれいほくは「若い人が希望を持てる社会をつくる」というビジョンを持って活動していて。
今って生き方が多様になって選択肢は多いのに、若い人にはなかなか選択の余地がない。
そうなると将来の展望をもって活動することってなかなかできない。
だから地方でこうやって事業をすることで、生き方を見直したり、何らかのスキルをつけたり、自分の足で立てるようになったり、という「場」がつくれると思っていて。
今後、そんな人が来れる村みたいなものを会員制でつくれたら楽しいなあと!
 
ーーめっちゃいいですね!矢野さん自身のビジョンはありますか?
僕は、百姓になりたいと思っていて。
それは農業だけでなく、読んで字のごとく「百」の「なりわい・スキル」を持つ人になりたい、ということで。
色んなスキルを持つことで自分の生活を自分で作っていきたいと思う。
目指すは3年後に「50姓」!
 
 
暮らし方から働き方を考える、ということ
矢野さんとお話して、暮らし方から働き方を考える、という生き方を見たように感じました。
これまでの一般的な生き方というのは「働き方」によって決定づけられていたのではないでしょうか。
仕事がこういう時間・場所・条件だから、こういう暮らし方をするしかない。
そんな風に暮らし方を決めていた。
しかし、そうじゃなくて、「こんな暮らし方がしたいから、働き方はこうするのだ」といったような決め方があってもいいのではないでしょうか。
いや、これからの生き方はむしろそうやって決められるべきである、と言ってもいいように感じました。
それほど、矢野さんの生き方は力強く、しなやかに見えました。
暮らし方と、働き方。
それらを考えるヒントが嶺北にはつまっているようです。
 

〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク