嶺北地域に増える移住者と、地域の魅力「さくら市」の可能性


2017年3月29日

【この記事は田舎ラボの事業の一環で行ったもので、嶺北での暮らしや移住に興味を持つ若者が、地域での仕事やナリワイに焦点をあてて書いた記事になります】

こんにちは、森田久真です。

突然ですが、取れたて新鮮な野菜が破格で手に入る店をご存知ですか?

どうやら本山町中心部にある「さくら市」という場所で、嶺北地域の農産物直売所になっているそうだ。

新鮮な野菜が破格。

そんな夢みたいな話があります?

今晩の食材を調達するためにも調査に行って参りました。

  • 場所:さくら市
  • お話を伺った人:本山絢子さん
  • とき:2017年3月

店内は直売所と思えないほどの広さと品揃え。野菜、くだもの、漬物、惣菜など、嶺北でつくられた商品がずらりと並べられています。

ではでは、気になるお値段は・・?

ひゃ、百円?!

ピーマンも百円?!!!

 

一体どうなっているの???

 

そんな疑問が爆発してしまったので、

ここで働く本山絢子さんに、さくら市の仕組みについて教えてもらうことにしました。

本山さんは、さくら市が誕生したときから働かれているとのこと。

当時すでにお仕事を退職されていたらしく、人手が足りていなかったさくら市を手伝うようになったそうです。

「さくら市は2005年8月にオープンしました。 組合に参加している約400人ほどの町の人たちが野菜を持ち寄り、常に新鮮な野菜を置くようにしているんです。」

いわゆる、農産物直売所として機能しており、嶺北地域でつくられたもののみを商品として扱っているそうです。

農産物直売所の魅力といえば、何といっても「安さ」が思い浮かぶかもしれません。

「野菜のお値段は、どれも基本的に100円にそろえています。収穫量などの影響でどうしても高くなることもありますが、それでも100円台の野菜がほとんどです。」

さきほどさくら市の「安さ」に驚いた私ですが、やはり値段を抑えることにはこだわりがあるようです。

加工品なども個性豊かな商品が並んでいるようでますますさくら市に魅力を感じてきましたが、

どうやら問題点もあるのだとか・・・。

さくら市を支える嶺北地域の生産者

「嶺北地域の野菜を作る人たちがどんどん高齢になっているので、そこが心配です。」

安く新鮮な野菜を求めてたくさんのお客さんが集まるものの、生産する地域の方々の高齢化が進むにつれ、生産が追いつかなくなってきているそうです。

「前に比べると野菜を持ってきてくれる人が減っています。組合には400人いますが、実際に今も野菜を作っているのは、すでに半分くらいまでに減ってしまったと思います。」

さくら市ができた当初から10年以上働く本山さんは、生産側が追い付かなくなることに心配の声を漏らしていました。

それもそのはず。

生産者の数が減ってしまえば、これまでのように豊富な野菜をそろえることが難しくなるのは、言うまでもありません。

近年、移住者が増えていることで話題の嶺北地域ですが、地域の大きな魅力でもある「さくら市」をさらに盛り上げることはできるのでしょうか。

 

さくら市の魅力と地域の可能性

「売る人も買う人も、地域の人が集まるのでいい場所だと思います。」

ある人にとっては、野菜を売りに。

別のある人にとっては、野菜を買いに。

さくら市は、こうして地域の人々が集まる場所にもなっているようです。

私が店を訪れている間にも作った野菜を売りにきた方がいましたが、売り手と買い手の距離の近さを物凄く感じました。

 

「土日には高知市や南国市のお客さんや、徳島県や香川県からわざわざ買いにきてくれる方もいるんですよ。」

私が訪れたのは平日でしたが、土日は地域の外からきたお客さんも含め、よく賑わっているのだとか。

そう考えると、さくら市は嶺北地域にとってとても大きな役割を果たしているのではないでしょうか。

地域の売り手と買い手が集う場所であるうえに、地域の外から人が入ってくるきっかけにもなっている「さくら市」。

地域外からきた人がさくら市を通して嶺北地域にさらなる魅力を感じ、移住につながることも考えられます。

そうして移住してきた人を含め嶺北地域に住むより多くの人が生産側として支えるようになれば、

これからもさくら市が地域の魅力として、残り続けることができるのではないでしょうか。 


〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク