高知県嶺北地域で起業するのは簡単!?難しい!?


2017年3月29日

【この記事は田舎ラボの事業の一環で行ったもので、嶺北での暮らしや移住に興味を持つ若者が、地域での仕事やナリワイに焦点をあてて書いた記事になります】

どうも高知県の山間部れいほく地域在住の自由になったサルこと矢野大地です。

今回は僕の住む本山町の隣、土佐町のNPO法人れいほく田舎暮らしネットワークからの転載文を紹介します。

さて、今回はこの高知県嶺北地域で起業するということについて。

僕自身も昨年、NPO法人を立ち上げて、とりあえず、ここまでなんとかやってこれました。そんな僕の実体験も踏まえて、嶺北地域で起業をしていくことをリアルに考えてみたいと思います。

嶺北で起業するメリット、デメリット

まずはじめに、僕が考える嶺北で起業するメリット、デメリットをまとめました。

まずメリットは、

① 固定費が安く、創業時のリスクが低い

② 特色が強い産業が多い

③ 個人事業をしている人が多い

④ 移住者が多く、外部視点も得られる

などかなと思います。

固定費が安くつくのはとても大きく、そのため事業を始めるための最初の資金は低くて済みます。また、嶺北独特の農業や林業などの産業があるので、その特色を活かすことができることも大きなメリットですね。
あと、④とも被りますが、もともと住んでいる人も外から来る移住者も個人事業主の人が多く、事業体の横のつながりを活用しやすくもあります。

 

では逆に、デメリットは、

① 首都圏から距離がある 

② 人との関わりに左右されやすい

③ 仲間を見つけるのに苦労する

などなど、特に首都圏との物理的距離は③にも大きく影響しています。ネット環境が整備され、都会でも田舎でも情報の流通などは平均的になってきたのにもかかわらず、やはり物理的な部分での課題はとても大きいと言えますね。また、人との関わり合いで左右されることも結構多く、うまくコミュニケーションをとることがとても重要になってくると思います。

参入障壁はコミュニケーション

まず、第一に必要なこととして、コミュニケーションをいかにとるかということが重要だと感じています。

もちろん、業種によりますが、嶺北地域の地場産品や土地、場所などを使った事業なら、確実にコミュニケーションが必要になってきます。

それは、一人一人の距離が近いこともあるし、村社会というようなちょっと面倒くさいしがらみもあったりするからです。

ですが、逆に言えばちゃんとしたコミュ二ケーションを取ることさえできれば、土地や場所、さらに物までがとても手に入りやすい環境でもあると言えます。

お金での関係性の前に、人と人との一対一の関係性をとても重要視している地域だからこそ、そうした関係性がとても大事になってくるんです。

特に外からきて、起業するって人にとっては、地域内にいる顔のきく人たちとうまく繋がっておくことで事業をする上での協力者を作っておくことがとても大事だと思います。

その点、僕はとてもたくさんの協力者に恵まれたので、とてもスムーズに事業を行うことができています。

使われていないもの、ことに価値を与えることで仕事をつくる

嶺北で起業するにあたって、ポイントとなるのは確実に「使われていないもの、こと」をどう活用していくかでしょう。

例えば、空き家の活用、耕作放棄地の活用、山(林)の活用などが主なものですかね。あとは、ICTの活用なども良いかもしれません。

人が減り、使われなくなってしまった多くのものを再利用し、活用していくことができればこの地域で事業を生み出すことはそんなに難しいことではないでしょう。

使われていないものの活用というのはどんどんそこに参入してくる事業があればあるほど、競争になり、発展していきます。そうした流れを作ることで、外から雇用を生み出したり、地域内に雇用を生み出すことができるので、さらに大きくなる可能性を秘めています。

僕自身は使われていないというよりかは、「若者」という少なくなっていってしまっているという課題を逆行させ、あえて地域に若者を加えることで価値を作っていくという方法を取っています。

若者の新鮮で、バカらしいアイデアを地域という大きな懐が受けてくれる。そして、そこから若者たちも学び、これからの自分の人生に活かし、地域は今まで動かなかったことが動き始める。

僕はそんな価値を事業にしています。

NPO法人ONEれいほくHP

まとめ

結論から言えば、嶺北地域で起業することはリスクも低く簡単だと思います。

が、その反面、事業を拡大していくときのハードルは資金面、人手、理解など、とても大きな壁になってくることが山積みです。

そう、だから、大きなことしていきたいなら都会や海外でやるのがいいと思いますが、小さく自分で事業を作っていきたいという人にとってはまさにブルーオーシャンなのが、この嶺北地域なんです。

今後、もっともっと新しい価値を持った人たちがこの地域をいい意味でかき回してくれるといいなと。外からのそうした影響をいい意味でガンガン受け取って、内側の人たちも一緒に新しいことに挑戦していくことができればとてもいい流れができてくると思うんです。

僕自身も自分の事業の土台をしっかりと固めていけるように小さなことからコツコツ積み上げていきたいなと考えています。

ぜひ、一緒に嶺北地域を盛り上げましょ〜


〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク