田舎暮らしが売れる!?暮らしを教えることが仕事になる時代


2017年3月29日

【この記事は田舎ラボの事業の一環で行ったもので、嶺北での暮らしや移住に興味を持つ若者が、地域での仕事やナリワイに焦点をあてて書いた記事になります】

どうも高知県の山間部れいほく地域在住の自由になったサルこと矢野大地です。

今回は僕の住む本山町の隣、土佐町のNPO法人れいほく田舎暮らしネットワークからの転載文を紹介します。

 

さて、皆さん、村・留学ってプログラム知っていますか?

このプログラムをつい先日まで僕のうちで受け入れていたのですが、このプログラムがこれからの田舎で暮らしていく人の1つのナリワイの形として、新しい価値を提供してくれいるので、実体験とともにお伝えしたいと思います。

村・留学とは?

村・留学は簡単に説明すると、「留学」という言葉を聞くと、海外へ行くことだと思う人がほとんどだけど、実は、日本の村にも学ぶべきことがたくさんあるという価値観の元、9日間村に滞在して、その生活を学ぶというものです。

仕組みとしては、都会の若者(学生が主)大学生たちが10名ほどを田舎の主催者となってくれる人の家に派遣し、一緒に共同生活しながら、その人のコーディーネートの主に生活のことや村での仕事のことなどを学んでいくというものなんです。

プログラムについての動画があったので、見てみてください。

高知本山と書かれているのは僕の家で、つい先日まで初の受け入れを終えたところでした。

本当にこれからの自分の進路や生きていく環境に悩みを抱えている若者たちが多いんだな〜と感じた9日間でした。

この「村・留学」というプログラムを企画、運営している京都にあるPaKTという会社はこうしたプログラムを通して、大学生たちがこれからの社会をどう生きていくのか、どうデザインしていくのかをサポートしていくような活動をしているんです。

普段の生活、集落の生活をそのまま過ごしていく

では、僕はこのプログラムの中でどんなことをしてきたのかと聞かれれば、こう答えます。

「特別なことは何もしていません。」

それは、都会に住む学生や若者にとって田舎での暮らしや文化が非日常すぎて、僕たちが暮らしている暮らし方が全てコンテンツになっているからなのです。今までの時代だったら考えられないですよね。

でも、作り込みすぎたプログラムよりも、取り繕わないありのままの田舎暮らしを見せることが実は彼らにとって大きな学びとなるのです。

だから、僕は日々自分のやっていることをまとめて、それを参加者にとことん体験、体感してもらうことに力を注ぎました。

例えば、

・羽釜で毎朝ご飯を炊いてもらう。

・自分たちで山へ入り薪をとってきてもらう。

・地元のこんにゃく職人の人のお手伝い

・地元の人の農業のお手伝い

・狩猟、鹿の解体などの体験

・毎日自分たちで自炊、洗濯

これら、僕たちが日々の生活の中で当たり前にやっていることが彼らにとって非日常で、学びとなるのです。

若者のキャリアや生活スタイルを提案していく新しいキャリアカウンセラーの形

このプログラムを通して、僕が感じたことは、田舎でいき、生活している人はこれからの若者たちのキャリアカウンセラー的な立場に立つことができるのではないかということです。

もちろん全ての人ができるわけではないと思いますが、自分自身もいろいろな経験をしてきて、いろいろな考え方を持っている人であれば、田舎暮らしという非日常体験を通して、この変化の激しい時代をどのように生きていくのかを考えるきっかけを与えることができると思うのです。

特に、そうした将来に悩む若者たちの共通の悩みは、

「都会で暮らさないといけない当たり前から抜け出せない。」

ということだからです。

特に東北の震災以降、生きていく環境に対してとても考えるようになった世代が今の20、30代だからこそ、そうした機会を求めている若者たちは今後も後を絶たないでしょうね。

暮らしが仕事となる。

僕自身もそうでしたが、今の20、30代は自分が学び、考え、楽しむ環境や機会へお金や時間を投資するニーズが高まって来ているのです。

上記でも書いていますが、自分自身が非日常と感じれる環境で、学ぶことへとても大きな価値を感じている若者が多くなってきているんですよね。

だから、僕たちが普段している当たり前の生活を価値だと思って、それを買ってくれるひとたちがいるということなんです。

この”村・留学”が象徴するように、日本の「村」という場所には都会で住む若者が未だかつて感じたことのない経験や体験、価値観がいつも存在し、それを学び、考え、楽しむ場づくりがこれからの若者のキャリアにつながっていくのです。

嶺北の暮らしはそんな風に非日常と感じられる人にとってはとても価値のある暮らしなんだなと今回つくづく感じる機会となりました。

民泊なども増えてきているのですが、こうした”キャリア”ってところに重きを置いたプログラム形成ができる人はこうした仕事の仕方もできるでしょうね。


〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク