故郷の味をナリワイに。地域に愛された嶺北のチヂミ屋さん。


2017年3月29日

【この記事は田舎ラボの事業の一環で行ったもので、嶺北での暮らしや移住に興味を持つ若者が、地域での仕事やナリワイに焦点をあてて書いた記事になります】

みなさん、こんにちは!

ハヤシはしる(@dxxb1212)です! プロフィールはこちら

 

みなさんは本山町にある、”さくら市”という産直市場を知っていますか?

 

ここでは嶺北の農家さんたちが作る新鮮な野菜や手作りのお惣菜が買えます。

野菜はびっくりするくらい安くて、まさに激安の殿堂!

 

地元住民に愛された場所で、嶺北に来たら必ず行って欲しいですね。

 

そんなさくら市では

香ばしいゴマ油とニラの美味しそうな香りがする時があります。

さくら市のチヂミ屋さん

その匂いの正体は韓国生まれの金貞姫(キム・ヒョンヒー)さんが営むチジミ屋さん。

 

キムさんは 約30年前に日本にやってきたそうだ。

 

15年前に道の駅さめうらでチヂミ屋を始め、

約10年営んだ後に、さくら市に移動し、今年で5年目だという。

 

キムさんの笑顔は素敵だ。愛嬌がものすごくいい。

 

お話を伺っている時も地域の方々がやってきて、

「キムさん!こないだのお返し!」

と暖かいやりとりが行われていた。

 

キムさんは地域の人にとても愛されている。

雇用も生んでいる

キムさんは高校生、地域の人をのアルバイトとして雇っています。

 

嶺北内でのイベントの時にも、チヂミやチャプチェなど高校生と一緒に販売したり、しっかりと自分のナリワイを活かして、嶺北に雇用も生んでいる。

外から見る嶺北の良さ

キムさんには同じく韓国生まれの旦那さんがいる。

 

旦那さんが仕事をきっかけに来日した時に、

本山町が大好きになり移住したそうだ。

嶺北は好きですか?

キムさんにそう尋ねてみると

 

「もっちろん!!!嶺北、大好きネ!!!」

 

と満面の笑みで答えてくれた。

嶺北が好きな3つの理由

 

・嶺北は人の調和が最高に良い

・韓国にはない、とっても澄んだ川がある

・方言がものすごく好き

 

とまたまた満面の笑みで答えてくれた。

 

それから桜が咲くところが好きだそうだ。

これは嶺北に限らない、つまりは日本が好きということですね。

 

キムさんとお話しをしていると、嶺北の人が好きなことも、方言が好きなこともよく伝わってきた。

 

方言に関しては、好きで、わざわざ使っているとのこと。実におちゃめだ。

自分の得意でナリワイを作る

そんなキムさんはなぜ、チヂミを売り始めたのか

答えはシンプルで、“チヂミ作りが得意だったから”だ。

 

この日本で仕事をしようとなった時に、キムさんが選んだのがこの得意を活かしたナリワイだ。

故郷の味で勝負する

嶺北にいると、意外にも海外の方はよく見かける。

 

WWOOFをやっている農家さんがいたり

カウチサーフィンで海外のゲストの受け入れをしている方がいるからだ。

 

キムさんが作る本場の韓国チヂミのように、海外の方にはぜひとも故郷の味で挑戦してみてほしい。

 

キムさんのように、人を雇えるようなナリワイになるかもしれません。

 

海外の人も含め、これからも嶺北が大好きな人が増えるといいですね。


〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク