日本の原風景が残る嶺北のゲストハウス。” 笹のいえ” は暮らしで魅せる。 


2017年3月29日

【この記事は田舎ラボの事業の一環で行ったもので、嶺北での暮らしや移住に興味を持つ若者が、地域での仕事やナリワイに焦点をあてて書いた記事になります】

こんにちは!

ハヤシはしる(@dxxb1212)です! プロフィールはこちら

この記事は”NPO法人田舎暮らしネットワーク”さんの嶺北のヒトとナリワイに焦点をあてた記事を転載しています。

むかし暮らしの宿 笹のいえ

画像引用:笹のいえFacebookページ

 

笹のいえは土佐町にある。

渡貫一家の昔ながらの田舎暮らしに参加することができるゲストハウスだ。

20年間使われていなかった古い民家を改修し、釜戸や五右衛門風呂を復活。少し不便だけど、豊かな「むかし暮らし」が体験できる宿です。

引用:笹のいえFacebookページ

渡貫一家はいわゆる田舎暮らしをしている。

その暮らしはシンプル。かつ 多様。

 

笹のいえから「生きる」ということの本質を学んでほしい。

農的循環生活

画像引用:笹のいえFacebookページ

笹のいえには、”循環した暮らし”がある。

 

資源を活かす

嶺北にはたくさんの自然がある。

流れる川も、繁る木々もすべては資源。

 

笹のいえでは水は近くの沢から引き、火は薪を使う。

画像引用:笹のいえFacebookページ

料理も風呂も薪をつかって火を起こす。

画像引用:笹のいえFacebookページ

九州からわざわざ取り寄せたという
こだわりの五右衛門風呂。

 

自分たちで引いてきた水を

自分たちで作った薪で沸かす。

 

この風呂は格別だ。

 

“出るもの”を意識する

画像引用:笹のいえFacebookページ

笹のいえにはコンポストトイレがある。

 

右は尿。左は便。

分けることで、独特のアンモニア臭さを防げるそうだ。

 

もちろん、循環型の暮らしを行っている笹のいえでは排泄物も無駄にしない。土に還し、堆肥となる。

 

そして、自分たちの食を支えてくれる。

画像引用:笹のいえFacebookページ

笹のいえでは、自分たちの生活とまわりの環境とのつながりを感じることができる。

 

自分たちが出したものが直接環境に影響することを知っているから

 

環境負荷の大きい洗剤や歯磨き粉も使わない。
料理は残さない。作りすぎない。

 

自分たちの体に入るものがどこから来ているのか。

そして、出たものがどうなっているのか。

自分たちの見える範囲にこれらがある。

 

だから、笹のいえの暮らしでは出るものを意識せざるをえないのだ。

 

現代の生活ではどうだろうか?

 

スーパに並ぶ食材も
家庭で使うガスや、水も、出るものも

現代の生活で見えているのは切り取られたもの。

 

自分たちの体に入ってくるものには気をつけるが

出ていくものを気にしている人は多くないのでは?

 

この記事で笹のいえの暮らしを知ったことをきっかけに

ぜひ自分たちの生活で出るものを意識してみてほしい。

 

 

自給他足で「結」が生まれる

画像引用:笹のいえFacebookページ
古民家を安く借りられる代わりに、掃除や片付け、改修作業などは

全て自分たちで行うという条件で入居した。

 

笹のいえを現在の宿として住める状態にするには、かなり改修をしたそうだ。

自給他足

画像引用:笹のいえFacebookページ

自給自足の暮らしが基本だが、全てを自分たちで補うわけではない。

 

特に、家の改修のように専門性が伴う作業は

どうしても自分たちの力では限界がある。

 

そういう時はしっかりと誰かに頼る。

 

自分で楽しく自給するけれど、足りない部分は得意な人に頼む。

その代わりに、頼った人には自分ができることで還す。

結 が生まれる

画像引用:笹のいえFacebookページ

洋介さんは米を作れる。田舎だからできる、価値交換だ。

 

「できないことは人に頼る。だから、僕は自分にできることで還すんだ。そうすることで”結”が生まれるんだよ。」

 

そう語る洋介さん。

結とは労働力を対等に交換しあって田植え、稲刈りなど農の営みや住居など生活の営みを維持していくために共同作業をおこなうこと

引用:wikipedia-「結」

自給他足で結を生む。田舎暮らしをする上でとても大切な考え方だ。

 

対価がお金じゃなくても、できることを交換することで相互扶助の関係が成り立っている。これぞ、田舎だからこそできる暮らしだ。

 

暮らしで魅せる。

画像引用:笹のいえFacebookページ

笹のいえは土佐町のかなり山奥にあるにもかかわらず多くの人が訪れる。

 

ここには美味しい食事、空気、水。薪小屋、五右衛門風呂、暖炉、蚊帳がある。

田舎ならではの、お金を介さない贈与経済を感じることができる。

 

普通の暮らしでは味わえない、非日常があるのだ。

だから、わざわざ笹のいえに来たくなる。

 

ぜひ、あなたも笹のいえに来てみてください。

 

あなたの人生で今まで見えなかったなにかが

見つかるかもしれません。

 

 

ハヤシ走る ハヤシは知る


〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク