本格うどん屋「繁じ」秘めたる店主の想いとは


2017年3月29日

【この記事は、田舎ラボ事業の一環です。嶺北の暮らしや移住に興味を持つ若者が、地域での仕事やナリワイに焦点を当てた取材をお届けします】

嶺北の土佐町には本格うどん屋があります。

お昼どきだと外まで行列になることもあるのだとか。

この地域になぜそれほど評判高いうどん屋さんがあるのでしょうか。

 

そんな話題のうどん屋「繁じ」の店主・伊藤勝也さんに取材させてもらいました。

 

地元で本格うどん屋を開きたかった

土佐町で生まれ育ってきたという伊藤さん。

いつか地元にうどん屋をつくりたいという思いから、香川県の老舗のうどん屋で下積み経験を積み、2016年の夏にここ「繁じ」をオープンしました。

自分の店を開くまで順調に事を運んだようにも思えますが、その努力は並外れたものではなかったと推測します。

 

 

香川までうどんづくりを学びに来る人は多くいるそうですが、実際にしっかりと技術を身につけて自分の店を成功させることができる人はひと握りとのこと。

これだけ繁盛するお店になれたなら、十分成功と呼べるでしょう。

田舎だからこそできるやり方

お父様が材木屋をされていることのもあり、店内は嶺北産の木材にこだわってきたそうです。

 

例えば、このカウンター席のテーブル。

これは銀杏の木でできているそうです。

お店の一面の床は杉の木。

 

入り口から入ると、すぐに木の芳醇さが伝わってきます。

こだわりの木の空間でゆったりと食事ができるのも「繁じ」の魅力です。

店内の小物まで工夫を凝らしているそうで、お店の内装のこだわりが伝わってきます。

 

出入り口付近には、レジの横には嶺北地域の特産商品とパンフレットを置いているコーナーもあります。

「地元にお店をつくりたかった」と話す伊藤さん。

 

一杯のうどんが作られる素材も、地元のものを多く使っています。

ゆっくりできる空間にたくさんの人が集って、地域を盛り上げていきたい想いがあるのでは?と、話を聞きながら感じました。

 

地域内外から人が集まる

お昼どきはいつも大忙しの店内。

特に週末になると、県外から食べにくるお客さんまでいるそうです。

 

「土日はバイクで観光に来る人など、町外や県外の方も来られます。」

 

田舎で店をはじめるろ、売り上げや集客の難しさなどのリスクも予想できます。

しかし、人口の少ない地域にもかかわらず、大勢の人が訪れるうどん屋「繁じ」。

 

手間ひまかけて質の高いうどんを提供している「繁じ」だからこそ、多くの人が集まっているのだな と感じました。

大忙しのお店を支える人

働く場所の少ない田舎では「繁じ」も貴重な地域の雇用を生んでいるようです。

 

「現在は家族のほかに、地元の方々にも手伝ってもらっています」

 

地元の人がいるからこそ、このゆったりとしたお店の雰囲気をつくり上げているように感じました。

メニューもみんなで話し合って季節に合わせた工夫をしているそうです。

「今後は、地元のお祭りやイベントなどにも出店して、楽しく活動していけたらいいなと思います」

 

最後にそんな展望を話してくれた店主の伊藤さん。

地元に本格うどん屋をつくりたいという思いから香川で修行を積み、地域の人とたくさんの人が集う店をつくり上げている「繁じ」。

 

「嶺北のうどんといえばここ! 」

そう呼ばれてもおかしくないすばらしいお店だと感じました。 


〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク