れいほく地域クラウド型グループ
R-4(れいほくフォーメーション)での初花見


2014年⚪︎月⚪︎日

 

 

土佐れいほく地域を盛り上げようと若い人を中心に150人で花見交流会を開催。

 

 

嶺北4町村(大豊町、本山町、土佐町、大川村)でがんばる若者や団体をつなげて、共にれいほく地域の未来を創っていこうという目的のもと結成された「れいほくフォーメーション(通称:R-4)」が初主催のイベント。

 

 

私たちが暮らす高知県れいほく地域は典型的な中山間地域で過疎高齢化も進み、課題も多い地域ではあるのですが、実は20~40代が活躍している元気な地域でもあるんです。そして各町村にはいろいろな地域おこし系の団体があったりします。その一つに、れいほく田舎暮らしネットワークがあります。

 

 

それぞれの団体が一生懸命、楽しみながら各々の活動をがんばっているのですが、もっとお互いに情報交換したり、時には協力しあったりしたら、もっと良い地域になるんじゃない?

 

というところからR-4ははじまりました。

 

 

 

この“れいほくフォーメーション”の特徴は、固定的な組織形態を必ずしも取るわけではなくクラウド型の流動的な活動団体であることにあります。

 

活動内容に応じて、例えば移住系のイベントを開催する時には、当団体が旗振り役(プロジェクトリーダー)をしますが、スポーツを中心としたイベントの時には、それが得意な団体がプロジェクトリーダーをして、こちらはサポート役をする。

 

その時々に応じてフォーメーションを組み替えつつ、オール嶺北で取り組んでいこうというものです。

早明浦ダムをバックに交流会

土佐町ハピネススポーツクラブ&A-team谷君による自転車パフォーマンス


 

 

 

R-4記念すべき第一回のイベントは、とにかくまずは交流を持つことからと、一品持ち寄り形式の花見会を企画。

 

参加者それぞれが自慢の一品を持ち寄り、互いにつつきあいながら交流を深めるという至ってシンプルなもの。

すべて各自持ち込み、各自片付けという何ともエコで省エネな企画の為、イベント疲れになりがちな主催者サイドにはうってつけの企画。

 

 

思いのほか、参加者があつまり子供も併せて150人近くが集まりました。

 

 

花見とうたったものの連日の雨で桜は散ってなくなっていましたが、これからの嶺北の未来の話に花を咲かせた一日でした。

初回ということもあり至らないところも多々あったイベントでしたが今後も定期的に開催していき、みんなで嶺北を盛り上げていきたいと思います。

 

 

皆さん、お疲れ様でしたー!!

 

 


〒781-3521
高知県土佐郡土佐町田井1667
土佐町農村交流施設おこぜハウス内
担当:川村
TEL:0887-72-9303
FAX:0887-72-9304
E-mail: reihoku.in@gmail.com

© 2012 NPO法人 れいほく田舎暮らしネットワーク